元気 やる気 努力家

赴任者の仕事(OTICS USA,Inc.)

写真:本野慎吾

赴任先:OTICS USA,Inc.
氏名:本野 慎吾
入社:2003年

現在、赴任してどれくらい経ちましたか?

アメリカに赴任し3年と2ヶ月が経過しました。

今どんな仕事をしていますか?

管理部門(人事・総務・IT・営業・調達・生産管理)統括

日本(オティックス本社)とUSA現地スタッフとの間のコーディネート

日系企業といえども、現地スタッフ中心に業務を進めないといけないので、赴任者は日本との間に立ち、業務上問題が起きないように彼らをコーディネートするのが仕事です。新規プロジェクトの情報などは、本社の技術部や生産技術部が持っており、現地スタッフが業務を進める上で、必要となる情報をタイムリーに渡し、時には相談を受けたりしています。

社内 新規プロジェクト進行管理

新規プロジェクト立上げ時に、OTICS USAの進捗度合いを確認し、日程上遅れが生じた場合には、本社と連携し遅れを取り戻すように仕向けます。

労務・人事管理、現地スタッフの採用活動

仕入先からの購買業務

地元の町(モーリスタウン)とのお付き合い

会社を運営していく上で、地域との関係はとても大切なので、社会貢献の一環として、ゴミ拾い活動や学校への寄付などを考えます。

仕事をするうえで日本と大きな違いはなんですか?

最初に苦労したのが採用活動です。アメリカ人は、同じ会社に長く勤めるのが良いことだという感覚が全くないんです。より良い条件の会社があればすぐに転職してしまいます。その為、離職率がとても高く、採用活動は1年を通して行っています。

当然、私は人事担当でもあるので面接に立ち会いますが、第1に言葉の問題があります。当然、日本語は通じません。英語は多少ならず勉強していきましたが、ナマリもあり、なかなか理解できませんでした。第2に質問内容、アメリカは多民族国家なので日本より差別に関する法律が厳しく、面接で人種や年齢、性別さえも聞けません。ただでさえ英語に気を使い、さらに何を質問していいやらとパニックでしたね。でも、「習うより慣れろ」とはよく言いったもので、今ではそれなりにこなしてます。

考え方の違いにもとまどいました。アメリカ人は「家族を大切にする」と聞いてはいましたが、一緒に仕事するとそれが本当に良くわかります。すべての人がそうではないのですが、基本的に残業はしません。(仕事に対してまじめさがないという事ではありませんよ)しっかり働いて、しっかり家族サービースをする。日本人より時間を大事にしていて、どちらかを犠牲にするのはおかしいという感じですかね。(尊敬します)

仕事のなかで一番苦労している事は何ですか?

アメリカは、とにかく広い!
ちょっと隣の州(ケンタッキー州)にあるお客さまの会社へ出張するのに、車で5時間。どこに行くにもロングドライブです。しかも、日帰り・・・。また、西海岸にいるお客さまに会いに行く時などは、時差が「3時間」があるので、出張のたびに時差ボケになってしまいます。
とにかくアメリカでは移動が大変なのです!!

現地の人はどんな感じですか?

一般的に、家族と過ごす時間を大切にし、必ず時間通りに会社から帰宅する。日本人もこの点は見習うべきところですね…(笑)
休みになれば、家族を連れてキャンピングカーで旅行など、日本では考えられない優雅な休日を彼らは過ごしています。なかなか日本では真似できませんね。

戸惑ったこと、驚いたこと、感動したこと、カルチャーショックなどはありましたか?

アメリカのレストランで出てくるご飯の量に最初は驚きました。アメリカ人は、残すのが普通らしいのですが、日本人は「もったいない」とついつい…完食。おそらく、日本のボリュームで言うと、2.5倍はあると思います。全部食べてしまっていたので、赴任前と比べ、体重が10キロも増えてしまった時期があり、それ以降、健康管理のために近くのスポーツクラブに入りました。あまり料理が得意でなく、外食が多いので食事の面では、とても不便です。

休日、余暇はどう過ごしていますか?

モーリスタウンでは、日本の食材は手に入りにくい為、近く(1時間)の町(ノックスビル)に、日本の食材を求めて通っています。
あとは、家から10分でゴルフ場がありますので、日本人赴任者はもちろんですが、米人スタッフともゴルフ三昧です。でもスコアはなかなか・・・

楽しみや趣味はありますか?

連休時には、アメリカ国内のいろいろな所に旅行してます。(ニューヨーク・シカゴ・サンフランシスコ・ラスベガス・ワシントンDC…等)特に、ニューヨークは、食べ物も美味しいし、ミュージカルは感動ものでした。

日本ではできないこと(多分しないこと)をしましたか?

ほとんど毎週末、赴任者のみんなと「ゴルフ」…しかし、なぜか上達せず…
でも、プレー代は安いので(日本が高いっ!!)3000~4000円出せばできますよ。また、一人からでもプレーできるので、本当にアメリカでは身近なスポーツです。

赴任前と現在で自分は何か変わりましたか?

アメリカに赴任してから、日本に居たときに比べ、担当業務が幅広くなり、日々新しい事ばかりの新鮮な毎日でした。(その分いろいろと苦労もしましたが)そのような環境に身を置けた事により、アメリカ赴任前の自分と比べると、あらゆる局面においても、多少のことでは動じなくなりましたね(笑)

あと、日本で働いていたときと比べ、こちらでは、より会社を運営していく立場になりますので、少し広い視野で物事を考えられるようになった気がします。

今回、海外赴任という機会を与えられて、本当にすばらしい経験ができたと思っています。オティックスは、海外のお客さまからも期待が年々増してきており、やる気さえあれば海外で働くチャンスもたくさんあると思います。興味がある若い人にはどんどん手を上げてもらいたいですね。


OTICS USA, Inc.の外観です。


正面玄関には、オティックスの製品が綺麗に展示してあります。


保全と品質保証の事務所です。


新人教育をしている最中。


日本と同等の箱洗浄機も完備しています。


出荷準備完了品です。納入先毎に整頓されています。


管理ボード:アメリカは2H毎に作業が替わります。


食堂です。ジュースやお菓子、サンドイッチなどたくさんの種類の自販機が並んでいます。
ここには卓球台もあり、休憩時間には楽しく運動しています。


長期出張者のための住居です。警察官も入居している為、治安も良く、自然に囲まれ環境も素晴らしいですよ。


ベットルーム、バス、キッチン完備、唯一の難点はBS(日本語放送)が見れないこと…


ノックスビル市内のスーパーです。日本の食材はかなり充実しています。


紹介しきれませんが、会社周辺には食事をするレストランやハンバーガーショップが充実しています。日本食、韓国料理、中華料理、メキシコ料理と色々なレストランが揃っています。


さすがアメリカ!やっぱりビックサイズです。