どんな仕事・社風? 仕事紹介 第2生産技術部第21生技G 廣田 亮

技術職(生産技術部) 廣田 亮

プロフィール

  • 廣田亮
  • 技術職
  • 西日本工業大学卒
  • 2006年4月入社

仕事中の頭

どうやったら設備の不具合を改善出来るかばかりを考えている。
「なぜ?」「なんで?」と独り言をつぶやいている時もある。

プライベートの頭

ゴルフ行きたいなぁ~。車買いたいなぁ~、でも何買おうかなぁ~
…悩み中。

不安や悩み

ここ2~3年で体重の増加が激しく、なかなか元の体重に戻らないという悩みを持つ。
仕事のスケジュールだけでなく、健康への不安も肩にのしかかる今日この頃。

大切にしている考え方

「人に教えて貰う時は必ずメモ書きをし、自分の物にする」が廣田流、その源は、「努力に勝る天才無し」という考えから来ている。もちろん好きな言葉は「努力」である。

自慢

何か自慢できることは?という問いには、「何の役にもたった事は無いですが、耳が動きます」との回答。
たぶん、宴会の一発芸で披露しているのだろう。

夢は、いつか家族で地元のゴルフコースをまわること。
家族にゴルフのウデ(特に父ちゃんにかっこいいところ)を見せたいようだ。

趣味

趣味はスポーツ。
主にゴルフ・テニス・卓球をしている。最近なかなか運動できていなかったので、今年は「なまった体を鍛えなおす!」と目標を立てている。

通勤

今は社宅に住んでいるので、通勤は徒歩5分。体重増加の原因はこれだ!

私の仕事内容

写真:私の仕事内容■私の仕事は、「品質の良い部品を製造するための機械を調達する」ことです。実際には、1つの部品を作るにも機械1台でできあがるわけではく、数台の機械を組み合わせてラインというものを構成します。このラインには鉄を削ったり、研磨したりなど加工するもの、部品を搬送するもの、検査するもの、箱詰めするものなど多くの機械が必要になります。
そこで、私たち生産技術部は、多くの機械メーカーから、より良い機械を選定し、どうしたら高品質な製品をより早く、より安く作れるかを考えます。もう一方では、既に稼動しているラインの不具合改善も大事な仕事のひとつです。機械に使用される刃物、クーラント(加工油)(注1)のトライを行い、更なる品質の向上や、より良い現場をめざして日々がんばっています。

■今、私がメインで担当しているのは、「ラッシュアジャスタ」というエンジン部品のライン不具合の改善です。この部品は高い精度が要求されるので、改善はあらゆる観点から原因を予測し、慎重に取り組まなければいけません。仕事の進め方としては、まず製造現場の作業者から不具合の現状を聞きだし、どうしたら良いかスタッフと相談しながら改善を進めていきます。
(注1)クーラント:加工をする際に出る熱の冷却や、刃物との潤滑、また金属を削った際にでる削りカスの除去をするための油

入社動機

■昔からクルマが好きで自動車関係の仕事に就きたいと思っていました。しかし、就職活動中は「この会社にいきたい!」という会社に出会えず、派遣会社へ入社。オティックスで1年間派遣社員として働いた後、今の仕事が気に入り、めでたく正社員となったわけです。
クルマ関係の仕事であること、生産技術の仕事のおもしろさや奥の深さ、また人間関係がいいというのが決め手となりました。

仕事のやりがい・おもしろさ

写真:仕事のやりがい・おもしろさ ■現場で何か問題が起き、どうしても現場だけでは対応ができないと、改善依頼が私たちのところにやってきます。大きな改善から小さな改善まで種類はいろいろですが、例え小さな改善でも、前よりも「不良品が減ったよ」とか「機械が止まらなくなったよ」と現場の人から感謝されるとすごくうれしいですね。何より自分の仕事に誇りを持て、人のためになっているんだ!ということを認識できます。

■発生した問題に対して、どう改善すればいいのかをあらゆる角度から検証していきますが、一発で良くなるなんてことはほとんどなく、試行錯誤を繰り返し、何度も何度もトライをします。
やっとの思いで改善が成功できた時の達成感は、何とも言えないものがあります。なかでも、自分のアイデアが採用されて改善が成功した時は、すごく充実した気分になりますね。

仕事でのエピソード

写真:仕事でのエピソード■研削工程(注2)は不具合が多く出る部分で、部品を削るための砥石が大きく影響します。
そのため、いろいろな種類の砥石を試していたら、なんと最終的には100種類をトライしてたなんてこともありました。その時は、現場や多くのメーカーとの打合せを重ねて、2年もかかったのですが、不良率が大幅に減少できとてもうれしかったですね。
(注2)研削:部品の寸法を出すために砥石で削ること

■新規の機械を導入するときは、様々な機械メーカーの見積りをとって検討するのですが、あるメーカーから購入すると決めた機械が、以前導入した機械と同タイプであったため、寸法チェックを怠ってしまったことがあります。
機械が完成し、いざ工場に搬入しようとしたとき、寸法が予定より大きく、計画していたレイアウト通り配置することができず、レイアウト変更という大変なことに!!多くの部署の方に迷惑をかけてしまいました。この失敗から、寸法チェックには万全の注意を払うようになりました。

入社して成長した点

写真:入社して成長した点■仕事では幅広い年齢層の人と接することになります。以前は年の離れた人と話をするのに違和感がありましたが、今では全くなくなりました。仕事の事だけでなく、私生活の面でもいろいろ教えてもらえるなど、自分にとってためになる話が聞けるのがいいですね。
それから、自己主張することに抵抗を感じなくなったかな。学生の時は人と違う意見を言うことが恥ずかしいと思っていましたが、仕事では自己主張しないとやりたいことができないし、自分のアイデアが埋もれてしまうことになりますからね。

課題・将来の夢

■わからないことは恥ずかしがらないでどんどん質問していこうと思います。「また聞けばいいや」と思っていて、後になると今更聞けない・・・なんてことありますよね。
まだ経験が浅い自分にとって、多くの人の話を聞いたりすることが勉強だと思っています。現在は、不具合の対応や改善がほとんどで、いつも先輩からのアドバイスを受けてやっていますが、そのうち新規の設備の手配を一人でやってみたいです。

会社の魅力

写真:会社の魅力■自分が知識として身につけたいセミナーがあったとしたら、自由に参加できるのが良いですね。品質の講習会、加工のノウハウなど現場以外で理論的な視点から勉強するのも大いにためになります。

■上司と部下の壁がなく、とても風通しの良い働きやすい環境だと思います。サークル活動も盛んで私は卓球部とテニス部に所属し、オフはスポーツ三昧。会社内にあるホールで昼休みなどは卓球やバドミントンが気軽にできます。全社的にもウォーキングや筋トレなど、自分で目標を決めて3ヶ月間チャレンジするっていう活動(「ヘルスマ」って名前が付いてます。ヘルシー&スマイルらしい)を実施していて健康面にも最近は力が入ってますね。

職場の雰囲気

■同じ部署のメンバーでよく飲みに行ったり、遊びに行ったりしています。ゴルフコンペも盛んで、結構やってますよ。仲間意識が強く、本当に仲の良い職場だと感じています。

■新人の頃、初めてのことばかりでほとんど何もわからなかったのですが、先輩や上司が親切ていねいにいろいろ教えてくれました。当たり前かもしれないけど、やっぱり心強くて、うれしかったなー。自分もそんな先輩になりたいと思っています。

写真:職場の雰囲気1

写真:職場の雰囲気2

写真:職場の雰囲気3

写真:職場の雰囲気4

休日の過ごし方・趣味

■毎週土曜日は、朝からテニスクラブの人達と一緒に汗を流しています。ゴルフコンペが近いと、皆でゴルフの練習にも行きます。地元は九州なんですが、近くに大学の時の友達もたくさんいるので、なんだかんだでよく遊びに出かけています。

学生へメッセージ

写真:学生へメッセージ■興味あることを仕事にすると忙しいと感じることはありません。あなたにとってやりたい仕事、興味ある仕事は何かを見つけ、そんな企業を捜してください。

■オティックスを目指す人へ。当社には自分の意思で勉強できる環境があります。学生時代の勉強だけでは得られない、仕事で生かせる勉強はこれからもずっと必要。向上心を持って入社してもらえば、きっと楽しく仕事ができると思います。一緒にがんばりましょう!